NEWS & TOPICS

教育旅行支援事業の申請受付を開始しました

北海道では、道内で実施する教育旅行において、新型コロナウィルス感染症対策として、貸切バス等及び宿泊施設での感染リスク低減に取り組むためのバス追加借上や宿泊部屋数増等に係る経費の支援を実施いたします。ぜひ、ご活用いただきますようご案内いたします。

支援金の内容及び交付額(上限額)
区分 支援金の内容・交付額 上限額
(1)貸切バス等追加借上支援 通常1クラスで1台利用する貸切バス等を2台に増やして実施する場合の2台目の利用等に係る貸切バス等料金の実費
(増加経費)
1台1日あたり140,000円
※日数の制限なし
(2)宿泊部屋数増への支援 1部屋あたりの宿泊人数を減らして実施する場合の部屋数増等に伴う宿泊料金の実費
(増加経費)
1人1泊あたり3,000円
※泊数の制限なし

支援金の対象となる貸切バス及び宿泊施設の経費について、他の支援金等を利用する場は、当該経費の実費から他の支援金等の額を差し引いた額を上限とします

区分(1)と(2)は、どちらか一方の利用又は併用が可能です。

支援金交付対象者(申請を行う者)
  1. 北海道内で教育旅行を実施する国内の学校に対し、貸切バス等及び宿泊施設での感染リスク低減に取り組む旅行の手配を行う旅行会社。
  2. 北海道内で教育旅行を実施するため、貸切バス等及び宿泊施設での感染リスク低減に取り組む旅行の手配を自ら行う国内の学校。

対象となる教育旅行
  1. 対象となる教育旅行が、令和2年(2020年)6月24日から令和3年(2021年)2月28日までの間に実施されること。
  2. 道内において、見学や体験を実施し、かつ1泊以上宿泊すること。
  3. 支援金交付の対象となる教育旅行について、道が実施する他の支援事業等を利用していないこと。

利用する貸切バス、宿泊施設の条件

支援金交付対象者が手配する貸切バス等事業者及び宿泊事業者は、道が定めた「新北海道スタイル」安心宣言を掲示し実践する事業者であり、かつ、道の「感染拡大防止ガイドライン策定普及モデル事業」により策定したガイドラインを遵守する事業者とします。なお、本取組状況については、支援金交付対象者が確認するものとします。

「新北海道スタイル」について詳しくはこちらからご確認ください。
北海道HP

バス及び宿泊に関するガイドラインについて詳しくはこちらからご確認ください。
(一社)北海道バス協会

北海道ホテル・旅館[宴会部門] 感染拡大防止ポータルサイト

申請の流れ

(教育旅行の実施前)

(教育旅行の実施後)

教育旅行支援事業支援金交付要綱

各種様式
申請に係る様式

変更に係る様式

報告に係る様式

留意事項

支援金は、予算(貸切バス等、宿泊施設合わせて約11億円)の範囲内で、申請書受理順に審査の上、交付を決定します。

Q&A

よくある質問はこちら

お問い合わせ・申請書提出先

教育旅行支援事業事務局

申請書提出先 〒 060-0061
北海道札幌市中央区南一条西5丁目7-1豊川南一条ビル4F(教育旅行支援事業事務局)
※申請書は書留郵便により受け付けます。
電話番号 TEL: 011-218-0135
受付時間 10:00~17:00(土日祝日・年末年始を除く)
※電話番号をお確かめの上、おかけ間違いのないようご注意ください。
※限られた回線での対応となりますので、混み合うことがございます。
メールでのお問い合わせにつきましては、順次ご返信させていただきます。
メールアドレス kyoikushien-info@hkd-kyoryo.com

●教育旅行の相談について
事務局では、教育旅行全般に係るご相談もお受けいたします。お気軽にお問い合わせください。
(例:新型コロナウィルス感染症対策や教育プログラム、モデルコース等教育旅行全般について)