バス フェリー
北海道の気候と服装

服装のアドバイス

ホワイトシーズン

外は氷点下でも、建物の中は暖かい北海道の冬。トップスは、体温調整が簡単な重ね着が基本です。 冷え込みが厳しくなる12月中旬以降は冬用の防寒コート、特にダウンをおすすめします。 ボトムも、冷たくなりやすいデニムより、コーデュロイやウールをチョイス。 靴は、暖かく靴底が滑らないものを。 市販の滑り止めバンドを利用するのもいいでしょう。 防寒対策としては、マフラーや帽子、手袋などの小物も大事です。

グリーンシーズン

本州に比べて涼しい北海道では、Tシャツ1枚で歩けるのは7月から8月の短い期間に限られます。 昼間は暑いと感じても、夕方からはガクンと気温が下がることがあるので、真夏でもなにか羽織れるものを忘れずに。 風を通さず、持ち運びにかさばらないウィンドブレーカーが重宝します。 訪れる地域によって寒暖の差が激しいことがあるので、薄手のシャツやパーカーなどを重ね着して、こまめに体温調整できるように。

TOP