旅行の前に!北海道豆知識

エリアマップ 北海道5エリアの特徴

道央エリア

大都市札幌を中心に、北海道の産業を担う都市が集中するエリアです。大規模な米作を行う石狩川流域、工業地域がある室蘭や苫小牧、大自然を観光に生かすニセコなど、バラエティ豊かな産業が見られます。空路や航路、鉄道・道路網が北海道各地に向け整備された交通の中継地でもあります。

道北エリア

日本の最北端に位置する雪深い地域で、大雪山連峰をはじめ、海岸、丘陵など雄大な自然の風景に恵まれています。内陸部は冬に厳しい寒さが続きますが、反対に夏は気温が上がり、短い季節に花が一斉に咲き乱れる美しい光景が各地で見られます。

道東エリア

知床半島や釧路湿原など壮大なスケールの自然環境が広がり、その価値は世界的に認められています。冬にはオホーツク海の北方からやってきた流氷が沿岸を真っ白に埋め尽くします。人口密度が少ない地域で、農業や漁業が主な産業です。自然に寄り添った人々の暮らしからは、北国の厳しさとともに、のびやかさが感じられます。

道南エリア

古くから北海道の海の玄関口だった道南エリアは、開拓以前の北海道の歴史や文化を伝える史跡が多く残っています。また、気候が北海道の中では最も温暖で、位置が本州に近いため、東北地方と北海道特有の生態系が混ざった独特の自然が見られます。

十勝エリア

耕地面積が北海道全体の約22%を占める農業の中心地で、全国の食糧庫です。道内第3位の長さを誇る十勝川が流れ、流域に広がる十勝平野で大規模農家による穀物やイモ・豆類などの畑作、酪農などの畜産が行われています。そのため広大な田畑が地平線まで続く、北海道らしい田園風景が見られます。大陸性の気候でよく晴れるため、夏は気温が上がり、冬は反対に冷え込みます。夏冬の気温差は最大60℃に達します。

北海道教育旅行のモデルコース

エリアマップを見る

広大な面積を有する北海道は、大きく5つのエリアに分けることができます。
詳しくはこちら>>

道央モデルコース

道央南側を巡り「歴史・文化」「自然」「食」を学ぶコースです。
詳しくはこちら>>

道南モデルコース

歴史のロマンあふれる函館を中心に、道南の自然や文化にふれるコースです。
詳しくはこちら>>

十勝モデルコース

西十勝から東十勝を周遊しながら、十勝の「環境・自然・食・歴史」を体感するコースです。
詳しくはこちら>>

道東モデルコース

豊かな自然と食にふれながら、アイヌ文化や北方領土問題などについて考えるコースです。
詳しくはこちら>>

道北モデルコース

旭川・富良野・トマム・札幌を巡り「環境・自然・歴史・文化」を体験するコースです。
詳しくはこちら>>

ムービーを見る

北海道豆知識

北海道5エリアの特徴

5エリアそれぞれの特徴に加えて、空港の位置関係を確認しておきましょう。
詳しくはこちら>>

北海道の基礎情報

さまざまなデータや情報で、北海道についての知識を深めましょう。
詳しくはこちら>>

北海道への交通

全国主要都市から北海道へのアクセス情報を一覧で見ることができます。
詳しくはこちら>>

都市間の距離と移動の目安/
主要都市の平均気温

主要都市間の距離と移動時間を把握することが、北海道巡りのポイントです。
詳しくはこちら>>

同じ北海道でも、エリアによって気候が違うのでしっかり準備しましょう。
詳しくはこちら>>

野外活動でのワンポイントアドバイス

服装や装備、要注意の動植物など、自然活動時のポイントを解説します。
詳しくはこちら>>

事前学習のしおり

教育旅行体験記

実際に教育旅行で北海道を訪れた先生や生徒たちの生の声を紹介します。

学習施設・事業所・北海道認定アウトドアガイド データベース

各種資料

北海道教育旅行ガイドブックPDF

北海道道央エリア 教育旅行ガイドブックPDF

工場へ行こう!(全道版)

北海道体験観光推進協議会

北海道ぐるり旅

旅ログ北海道