バス フェリー
事前学習

自然環境と動物

知ってる?北海道の自然環境と動物のこと

  • 各地域の自然環境を
    調べておこう

    北海道の道央・道南・道東・道北エリアでは自然環境が異なります。季節ごとの気温や積雪量といった、それぞれの特徴を調べておきましょう。

  • 自然環境を守るための
    取り組みを知っておこう

    科学的調査に基づいた管理体制を整えている知床のように、各自治体やNPO法人、ボランティアなどによる自然保護活動について調べてみましょう。

  • 自然を楽しむための
    マナーを調べておこう

    自然観察の際には環境への配慮が必要です。草花を傷つけない、ゴミは必ず持ち帰るなど、自然を楽しむためのマナーについて調べておきましょう。

  • でっかいどう!
    北海道>四国+九州+沖縄

    日本の面積は約337,900平方キロメートル、その中で北海道の面積は55,400平方キロメートル(北方領土を含まず)と、日本全土の約20%を占めています。具体的には、四国・九州・沖縄の合計面積よりも北海道の面積のほうが大きく、さらに東北で一番大きい岩手県を足してやっと北海道と同じくらいの面積に。北海道って、本当にでっかいどうなんです。

  • 自然が豊かなイメージ、
    本当なの?

    北海道の面積のうち約71%を森林が占めています。北海道の森林面積は554万ヘクタールと、日本全国の森林面積の約22%を占めています。北海道には愛媛県の面積とほぼ同じくらいの森林があるということで、これは確かに自然が豊かですよね。ちなみに北海道の人口一人当たりの森林面積は約1ヘクタールと、全国平均の約5倍の広さになります。

  • 北海道って、北にあるから
    やっぱり寒い?

    札幌の年間平均気温は10.0℃と、東京の16.4℃、那覇の23.1℃と比べてもその寒さ・涼しさは歴然。日本の観測史上の最低気温記録は、1902年1月25日に旭川で観測された−41.0℃。以下、最低気温ベスト20のうち19までが北海道勢で、意外にも4位には静岡県がランクインしています。1981年2月27日に−38.0℃を記録したその場所とは……「富士山」でした!

  • 北海道にしかいない
    「エゾナキウサギ」って?

    氷河期にシベリア大陸から北海道に来たナキウサギは「生きた化石」といわれる小動物です。標高の高いところに生息していて、体長は15cm程度、体重は130g程度と小さいうえに生息数も少ないため、なかなか見ることができない存在です。つぶらな瞳がかわいいエゾナキウサギは、北海道観光PRキャラクター「キュンちゃん」のモチーフにもなっています。

TOP